【米国輸入お薬】 10,000円以上で送料無料 AGA ED治療 ジェネリック

運営者情報
ご利用ガイド
会員サービス
関連記事

早漏とは?

目次
早漏の定義について
早漏の原因は?
心因性早漏
衰弱性早漏
敏感な早漏
早漏改善・治療のために自分でできる対策
包茎を治療する
早漏治療薬・防止薬を使用する
意識を変える
厚手のコンドームを使用する
まとめ
早漏とは射精をコントロールできない状態です。日本人男性の約3割が、精神的負担や加齢による早漏に悩んでいるといわれています。 この記事では、自分でできる早漏を改善する方法を解説します。

早漏は射精障害の一種で、性行為中に射精のコントロールができず、挿入前や挿入後1分以内に射精してしまう状態です。 挿入から射精までの平均時間は約5分程度とされていますが、この平均時間は国や年代によって異なり、国内外ともに早漏率は約30%と言われています。

早漏の定義について


国際性機能学会によると、早漏は常に膣への挿入前または挿入後1分以内に射精が発生し、射精のタイミングを遅らせることが全くできない、またはほとんどできないように定義づけられています。

早漏の原因は?

早漏の主な原因は3つあります。その3種類の症状と具体的な原因について下記で示します。

心因性早漏

心因性早漏は、精神的な負荷によって早漏になってしまう状態です。
早漏を一度経験すると次もそうなるのではないかの恐れがあり、外的刺激がなくても勃起や射精が生じるケースもあります。また、疲れているときや、性行為の経験が少なかったりしばらく性行為をしていなかったりしても、心因性早漏を引き起こす場合があります。

衰弱性早漏

衰弱性早漏は加齢による起こる早漏です。
4060代の方に当てはまることが多く、加齢によって男性ホルモンの分泌が減り射精管の閉鎖筋の働きが弱まると、射精をコントロールできなくなります。

敏感な早漏

過敏性早漏とは、性的刺激に敏感になり、わずかな刺激でも射精してしまう状態です。
早漏の中でも最も多いケースで、性欲の強い10代・20代の方に多く見られるです。 この場合、性的経験をを重ねると敏感性早漏を改善できる可能性があります。

早漏改善・治療のために自分でできる対策

早漏を改善・治療するために、ご自分でできることあります。

包茎を治療する

過敏性早漏の原因が包茎である場合、包茎の治療で早漏を治せることがあります。 包茎の方は普段、包皮によって保護されているため、亀頭が何かに直接こすれることはありません。その結果、陰茎の神経が敏感になっており、多少の刺激でも射精してしまうことが多いのです。包茎手術により亀頭を常に露出した状態を作り、陰茎は徐々に刺激に慣れさせられます。包茎で早漏な方は、手術で早漏を改善できるかもしれません。

早漏治療薬・防止薬を使用する

早漏を一刻も早く治したい場合は、早漏治療薬や早漏予防薬の使用を検討しましょう。 たとえば、プリリジーという治療薬にはダポキセチンという成分が含まれています。 これ興奮を促す物質、ノルエピネフリンの働きを阻害するセロトニンの量を増やし、射精までの時間をおよそ2倍~3倍遅らせられます
ED・PE治療薬はこちらへ

意識を変える

早漏を改善するもう1つの方法は、射精しようとしているときに意識を変え、興奮を落ち着かせることです

厚手のコンドームを使用する

厚手のコンドームを使用することで、陰茎への刺激を減らして早漏が改善されます。

まとめ

早漏とは性行為中に射精をコントロールできなくなることで挿入前挿入後1分以内に射精してしまう状態で、その原因は精神的ストレスや加齢などです。治す方法はたくさんありますが、自分でトレーニングをして徐々に改善していく方法もあれば、注射で亀頭の粘膜を分厚くして刺激に耐性を付ける方法もあります。 まずがどのタイプの早漏なのか、自分に適している治療法を知ることが重要です。ご不安な点がございましたら、クリニックまでご連絡ください。